明るい失敗

東京のパートナーズ法律事務所の所長弁護士である原和良先生が執筆した「明るい失敗~身近な悩みや,ちょっとした躓きからの脱出法~」という本を読みました。原先生は,これまで,新人弁護士向けの本や,弁護士の事務所経営に関する本等,弁護士に対する本を執筆されていたのですが,今回は,原先生の弁護士として多くの事件を担当してきた経験から,ビジネスマン向けの自己啓発本を執筆されました。

 

自分の生き方に自信を持ち,自分のために充実した人生を送るには,人間力が重要になります。この人間力は7つの要素で構成されています。

 

①自愛する。自分を愛し,自分に優しくする。ありのままの自分を受け入れ,前に進もうとする自分を認めてあげることです。

 

②自分軸を持つ。自分のアイデンティティ,自分らしさの軸を持つ。自分軸を持っていると自分の信じる道を迷わずに進むことができます。

 

③自分の小ささを知る。常に謙虚であること,自分の未熟さや自分の小ささを自覚して努力を続けることです。

 

④自分を卑下しない。自分を必要以上に卑下する必要はなく,自分のありのままを受け入れて大切にします。

 

⑤他人の愚痴を言わない。愚痴は人間を成長させません。うまくいかない原因を他人のせいにするのではなく,自分の反省点,改善点に焦点をあてるべきです。

 

⑥他人と比較しない。他人の成功や幸せは,うらやむのではなく,心から祝福するものです。他人と自分を比較することは,比較できないものを比較しようとすることで不可能なことです。

 

⑦いつも他人に感謝する。常に他人に感謝することを忘れずにいましょう。感謝の気持ちを言葉や態度で伝えましょう。

 

私は,特に⑥他人と比較しないというワードにはっとしました。知らないうちに他人と比較してしまっていたからです。他人と比較しても幸せになりません。他人との比較の中に自分の幸せを見出そうとすると,自分よりも不幸な人を見つけることでしか,幸福感は得られなくなるからです。他人と比較しないことを意識するようになりました。

 

人生で悩んだとき,壁にぶつかったときに読むと,ヒントが得られる名著です。読むと勇気がわく本ですので,多くのビジネスマンに読んでもらいたい一冊です。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です