365日ブログフォローアップセミナー

365日ブログを書き続けることに挑戦して,

かれこれ約3ヶ月が経過しようとしています。

 

 

3ヶ月ころが,最も脱落者がでやすいということで,昨日,

板坂裕治郎師匠のブログのフォローアップセミナーに参加してきました。

 

 

板坂裕治郎師匠から,厳しいながらも的確なアドバイス

をいただきましたので,昨日のセミナーのアウトプットをします。

 

 

板坂裕治郎師匠は,次のようにおっしゃいました。

 

 

ビジネスの基礎体力をボディにして,

熱い想いと経済力を両輪にしたスーパーカーを作れと。

 

 

 

 

365日ブログを書くことで,自分のゆるみを正し,

自分を変えていくことで,ビジネスの基礎体力を養います。

 

 

熱い想いとは,世の中のためになる自分の使命です。

 

 

自分の使命が見つかると,確固たる自信が生まれて,

圧倒的な強みをみつけることができます。

 

 

経済力とは,顧客に対して頭を下げずに売上を上げることです。

 

 

顧客から「あなたにお任せします」と言われるようになれば,

何年たっても稼ぎ続けることができます。

 

 

次に,売上を上げるブログの構造は,

ダブルファネルロータリーシステム(DFRシステム)になっています。

 

 

 

 

ファネルとは,漏斗(じょうご)のことで,

液体をろ過するときに使う器具で,ようはふるいにかけることです。

 

 

顧客は,自分の悩みや苦痛を検索キーワードを入力して,

グーグルなどの検索エンジンで検索します。

 

 

検索キーワードでひっかかるタイトルのブログがみつかれば,

顧客はブログを読みます。

 

 

顧客は,ブログを読んで,自分の悩みや苦痛の解決方法

などが書いてあると共感します。

 

 

これが仮想領域という第1のファネルです。

 

 

ブログを読んで共感した顧客は,

問い合わせや来店というアクションをおこします。

 

 

顧客がアクションして,ブログを記載した人物と実際に会って,

話をして安心感をいだき,共感すれば,商品やサービスを購入します。

 

 

これがリアル領域という第2のファネルです。

 

 

そして,一度商品やサービスを買った顧客がファンになって,

常連化すれば,リピートと紹介が増えて,売上が上がっていくのです。

 

 

また,板坂裕治郎師匠は,ブログの極意

①あなたは何者,

②あなたを必要とする人は,

③どうやって探す,

④第1印象

について説明されました。

 

 

①あなたは何者とは,あなたは,その技術をつうじて

どんなことを顧客にもたらすことができるのかを検討することです。

 

 

顧客にとってのベネフィットを考えることだと思います。

 

 

②あなたを必要とする人は,○○を苦痛に感じていたり,

○○に困っている人で,あなたの商品やサービスを必要としている人の

年齢や生活環境から顧客を絞ることです。

 

 

③どうやって探すとは,顧客は,売り手が考えているような

キーワードで検索するのではなく,もっとベタなキーワードで

検索しているので,顧客の頭の中に入って,

どのようなキーワードで検索するのかを想像することです。

 

 

④第1印象とは自分のプロフィールのことです。

 

 

プロフィールには,自分の強みを書きます。

 

 

強みとは,自分の中で1番ではないものを捨てて最後に残ったものです。

 

 

過去の失敗→今の仕事」というストーリーがあれば,強みになります。

 

 

こう考えると,失敗は自分の強みになる資産なのです。

 

 

さて,私が約3ヶ月,毎日ブログを続けてこれたのは,

一緒に365日ブログを書き続ける仲間がいるからです。

 

 

 

 

仲間がいないと,3ヶ月経たないうちに脱落した可能性が大です。

 

 

仲間は,ありがたいことに,

もっとひらがなを多くした方が読みやすいよとか,

普通の人は,こういうキーワードで検索するんじゃないかな

といった的確なフィードバックをあたえてくれます。

 

 

弁護士になると,「先生」と呼ばれる職業だからか,

なかなか他人から,指摘を受ける機会が少ないので,

このようなフィードバックは本当に貴重です。

 

 

弁護士の常識は,世間の非常識ということを痛感しました。

 

 

仲間と共に,365日ブログを書き続けていきますので,

読者の皆様,これからもこのブログをよろしくお願い致します。

電話番号076-221-4111
お問合せはこちら
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です