休憩時間を自由に利用できていますか?

お昼の休憩時間においしいランチを食べている時に,

突然,仕事用の携帯電話がなりました。

 

 

 

着信を見ると,上司からです。

 

 

おいしいランチを食べている時に,

上司から仕事の電話がかかってきて,

気がめいりますが,電話にでないと,

後から上司に嫌味を言われそうなので,

しかたなく電話に出ました。

 

 

案の定,上司からは,お客様が来ているので,

すぐに戻ってきてほしいという内容の電話でした。

 

 

上司の指示には逆らえないので,ランチを早急に切り上げて,

しぶしぶ会社に戻りましたが,どうもしゃくぜんとしません。

 

 

休憩時間は,労働者が自由に使えるんじゃないの?

 

 

会社員の方であれば,このような理不尽な場面に

遭遇したことがあるのではないでしょうか。

 

 

このような場合,労働者は,どのように対処すべきなのでしょうか。

 

 

まず,休憩時間について解説します。

 

 

 

 

そもそも,休憩時間とは,単に作業に従事しない手待時間を含まない,

労働者が権利として労働から離れることが保障されている時間をいいます。

 

 

そのため,労働から離れていない場合は,

休憩時間ではなく,労働時間になるので,

トータルの労働時間が1日8時間を超えれば

残業代を請求することができます。

 

 

労働基準法34条1項には,会社は,

労働時間が6時間を超える場合には少なくとも45分,

8時間を超える場合には少なくとも1時間の休憩時間を

労働時間の途中に与えなければならないと規定されています。

 

 

ただし,運送・郵便事業の長距離乗務員などには,

休憩時間を与えないことができることなっています。

 

 

また,労働基準法34条3項には,会社は,

休憩時間を自由に利用させなければならないと規定されています。

 

 

 

ただし,警察官,消防職員などには,

休憩時間の自由利用の規定は適用されません。

 

 

以上を前提に,先ほどのお昼の休憩時間の

上司の呼び出しを検討すると,上司は,

部下に休憩時間を自由に利用させておらず,

労働基準法違反になります。

 

 

また,部下は,上司からの呼び出し後に

会社に戻ってお客様の対応をしたのであれば,

その時間は休憩時間ではなく,労働時間となり,

1日の労働時間が8時間を超えれば残業代を請求できます。

 

 

なお,アルミニウム電解炉の仕事をしていた労働者が,

不規則に起こる原料切れへの対処のために

持ち場から遠くに離れられず,食事時間も15分程度

しか与えられていなかったケースにおいて,会社は,

1時間の休憩時間を与える義務を怠ったとして,

慰謝料30万円が認められた裁判例があります

(住友化学工業事件・名古屋高裁昭和53年3月30日判決)。

 

 

とはいえ,上司の命令にはなかなか逆らえないのが現実です。

 

 

先ほどの事例では,部下は,

電話で上司から状況を聞き取り,

自分以外の人間がお客様の対応が可能であれば,

別の人に対応してもらえるように上司に依頼してみる,

という対応をすることが考えられます。

 

 

これがうまくいけば,部下は,自分のランチタイムを確保でき,

上司もお客様対応ができるので,双方がウインウインの関係になります。

 

 

このように,自分も相手も大切にするコミュニケーションを

アサーションといいます。

 

 

職場のちょっとしたトラブルは,

コミュニケーションで改善できますので,

上司も部下もコミュニケーションの技術を

磨いていく必要があると思います。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

電話番号076-221-4111
お問合せはこちら
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です