ブログを半年書き続けて得た気づき

今年の5月に,私のブログの師匠である板坂裕治郎師匠

のブログセミナーに参加して以降,

毎日ブログを書き続けるようになり,

気がづけば6ヶ月が経過しようとしています。

 

 

昨日,京都において,6ヶ月間ブログを書き続けてきた,

石川のブログセミナーの仲間と

京都のブログセミナーの仲間との合同の

フォローアップセミナーに参加してきました。

 

 

(昨日の板坂裕治郎師匠)

 

 

本日は,6ヶ月間ブログを毎日書き続けて得られた気づきと,

昨日のフォローアップセミナーのアウトプットをします。

 

 

ブログを6ヶ月毎日書き続けたことで,

書くことが苦にならなくなりました。

 

 

私は,板坂裕治郎師匠と出会う前は,

1週間に1~2回の頻度でブログを更新していたのですが,

その当時はブログを書こうとすると何か負担を感じていました。

 

 

毎日ブログを書いていると,歯磨きと一緒で

習慣化してしまっているので,以前あった負担感がなくなりました。

 

 

また,毎日ブログを書くためには,

ネタが必要になるわけですが,

新聞,雑誌,テレビ,ネットニュースなどを見る時に,

何かネタになるものはないかと

アンテナをはって見るようになります

 

 

 

 

すると,不思議なことに,ブログに書けるネタが

目に飛び込んでくるようになりました。

 

 

そのネタから,読者に役立つ労働問題の情報発信に

つなげるために,文献を調べたり,裁判例を検討するので,

労働法の専門知識が深まりました。

 

 

そして何より,私のブログを読んでいただいた読者から,

ブログの内容が「役に立ちます」,「勉強になりました」

というお声をいただけるようになったのが,とても嬉しいです。

 

 

特に,私のクライアントから,

「ブログ見てますよ。楽しみにしています」

と言われたときは,ブログを毎日書いてきて

本当によかったと心底思いました。

 

 

 

 

さて,昨日のフォローアップセミナーでは,

板坂裕治郎師匠から,読者に優しいブログの書き方

を教えてもらいました。

 

 

具体的には,①リンクをはるときは,URLを短くして,

青色にして,アンダーラインをひいて,

別ページにとばすようにする,

 

②横で撮った写真を掲載する,

 

③文章を読ませる前に見せる必要があり,

1つの文体を60文字程度で3行にする

 

などのスキルを学びました。

 

 

そして,セミナーのワークの中で,

自分のとっての強みとは何かを真剣に考えました。

 

 

強みとは,1番ではないものを捨てて残った,

自分にしかできないことです。

 

 

自分の過去の経験から導かれるストーリーと

一緒に強みを語ることで,自分の熱い思いが,

理想客に伝わり,理想客は,

あなたから買わせてほしいと言ってくるのです。

 

 

このような頭を下げずに売れる仕組みができれば,

売上に追われることがなくなり,

ゆくゆくは業界のオピニオンリーダーになれるのです。

 

 

毎日ブログを書き続ける仲間との絆が深まり,

板坂裕治郎師匠から勇気をもらいましたので,

毎日ブログを書き続ける決意を新たにしました。

 

 

今後とも,働く人がトラブルに巻き込まれないための

役立つ情報を発信して,労働トラブルを

未然に防ぐという使命を実現していきます。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

電話番号076-221-4111
お問合せはこちら
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です