会社から給料を減額したいと言われたときの対処法

ある日,突然,会社の管理職から

「給料を下げたい」という話があったとします。

 

 

突然のことに驚き,管理職に対して,

給料減額の理由を尋ねても,管理職は,

あいまいなことしか言わず,

給料減額の理由はよくわかりません。

 

 

そのうち,給料減額に同意することのサインを求められました。

 

 

 

 

このように,会社から,給料減額の話があった場合,

労働者は,どのように対処するべきなのでしょうか。

 

 

労働者としては,会社からもらう給料で生活しているので,

給料が減額されれば,生活が苦しくなるので,当然に反対したいです。

 

 

しかし,今後も会社に勤めたいのに,

会社からの要望を断ったのでは,

不利益な取扱を受けるのではないかと不安になります。

 

 

そこで,本日は,このような場合の対処法について説明します。

 

 

まず,一度決められている給料を減額することは,

労働条件を変更することを意味します。

 

 

 

 

労働契約法8条において,労働条件を変更するには,

労働者と会社の合意が必要である,と規定されています。

 

 

このように,労働条件を変更するには,

労働者の同意が必要になるのが大原則なのです。

 

 

次に,この労働者の同意があったと認定されるのは

どのような場合なのか,について検討します。

 

 

会社から十分な説明を受けられないうちに,

よく分からないまま,給料の減額に合意してしまった場合,

給料の減額に労働者が同意したのかが問題になります。

 

 

労働者の同意の有無について,重要な最高裁判決があります。

 

 

最高裁平成28年2月19日判決の山梨県民信用組合事件です。

 

 

この判決では,労働者は,会社の指揮命令に従う立場にあり,

自分の意思決定のための情報を収集する能力に限界があることから,

賃金や退職金についての労働条件の変更の場合,

労働者の同意の有無についての判断は

慎重にされなければならないと判断されました。

 

 

そして,労働条件の変更による労働者の不利益の内容及び程度,

労働者が同意をするに至った経緯及びその態様,

労働者への情報提供または説明の内容を考慮して,

労働者の自由な意思に基づいてされたものと

認めるに足りる合理的な理由が客観的に存在するか否か

という観点から,労働者の同意の有無を判断することになります。

 

 

そのため,会社が給料減額の理由を明確に労働者に説明して,

労働者が給料減額の不利益を十分に理解して,

給料減額に同意したのではない限り,

形式的に同意書にサインしただけでは,

給料減額についての労働者の同意は無効になるのです。

 

 

 

 

地方の中小企業では,ここまで丁寧に,

労働者の同意を取り付けていることはほとんどないので,

仮に,給料の減額についての同意書にサインしても,

あきらめずに,給料の減額を争う道はあります。

 

 

まとめますと,会社から給料の減額を持ちかけられたときには,

会社に説明を求めて,納得できないのであれば,

断固として給料の減額に同意しないことです。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

電話番号076-221-4111
お問合せはこちら
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です