会社内における壮絶ないじめや嫌がらせ

今から8年ほど前に,榮倉奈々主演のフジテレビのドラマ

泣かないと決めた日」が話題になっていました。

 

 

主人公のOL榮倉奈々が,会社内で壮絶ないじめの

体験にあうというドラマです。

 

 

8年前の私は,弁護士になる前の司法修習生でしたので,

まだ労働事件の現場を知らなかったために,このドラマを見て,

本当にこんなにひどいいじめが会社で行われているのだろうか

と疑問に思っていました。

 

 

しかし,弁護士になって,労働事件の法律相談を受けていると,

会社で隔離されている,

同僚から陰湿な悪口を言われている

などのいじめやパワハラの法律相談が多いことを痛感しました。

 

 

本日は,いじめや嫌がらせが労災と認定された

国・京都下労基署長(富士通)事件を紹介します

(大阪地裁平成22年6月23日判決・労働判例1019号75頁)。

 

 

この事件の原告は,2年以上にわたり,

複数の女性社員から,次のような執拗ないじめや嫌がらせを

受けていたと認定されました。

 

 

 

 

①同僚の女性社員からパソコン操作について質問を受け,

教えた際,同女から御礼としてケーキをもらったことについて,

女性社員4名から「あほちゃう」,

「あれケーキ食べたいから手伝ったんやで」

などと執拗な陰口を受けた。

 

 

②原告に対するいじめの中心人物を含む女性社員4名から

勤務時間中にIPメッセンジャーを使用して毎日のように

同期らに原告に対する悪口を送信された。

 

 

③コピー作業をしていた際,女性社員2名から目の前で

「私らと同じコピーの仕事をしていて,高い給料をもらっている」

などと言われた。

 

 

④加害者の席が異動により原告の席の近くになった際,

加害者を含む女性社員3名から

「これから本格的にいじめてやる」などと言われた。

 

 

⑤女性社員1名から,原告の目の前で他の社員に対して,

「幸薄い顔して」,「オオカミ少年とみんなが言っている」

などと悪口を言われた。

 

 

これらのいじめや嫌がらせは,

集団でなされたものであって,

長期間継続してされたものであり,

その陰湿さや執拗さの程度において,

常軌を逸した悪質なひどいいじめや嫌がらせ

であると判断されました。

 

 

 

さらに,原告が上司にいじめや嫌がらせの相談をしても,

会社は何らかの防止策をとったわけではなく,

原告は失望感を深めました。

 

 

その結果,いじめや嫌がらせと原告の精神障害発症との間に

因果関係が認められるとして,労災が認められました。

 

 

いじめや嫌がらせは,録音をしていないと証明が難しいのですが,

本件事件では,原告が医師やカウンセラーに

いじめや嫌がらせのことを話していたので,

カルテなどにいじめや嫌がらせのことが詳細に記載されていて,

立証がうまくいったのだと思います。

 

 

会社で,いじめや嫌がらせを受けた場合,

まずは録音する等の記録に残し,

精神的にしんどいときには,無理せず,

年次有給休暇を使って会社を休み,

心療内科へ通院するようにしましょう。

 

 

その後,労災の申請をしたり,

いじめの加害者や会社に対して,

損害賠償請求を検討したいときには,

弁護士に相談するようにしてください。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

労働災害特設サイト
電話番号076-221-4111
お問合せはこちら
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です