我が師菅野昭夫弁護士3~試練に立つ権利~

昨日に引き続き,新人弁護士学習会における

菅野昭夫弁護士の講演のアウトプットを行います。

 

 

菅野弁護士は,アメリカで著名な憲法訴訟弁護士で

ラトガーズ・ロースクールの教授である

アーサー・キノイ弁護士の「Rights on Trial」

という本を翻訳出版しました。

 

 

アーサー・キノイ弁護士は,ナショナル・ロイヤーズ・ギルド

というアメリカの進歩的弁護士の集団に所属し,

労働運動,公民権運動,反戦平和の戦い,冤罪事件などを闘い抜き,

民衆のための弁護士」として,確固たる評価を勝ち得ていました。

 

 

菅野弁護士は,アーサー・キノイ弁護士の了解をえて,

試練に立つ権利~ある民衆の弁護士の物語~」という本を,

日本評論社から出版しました。

 

 

これを契機として,菅野弁護士は,自由法曹団という

日本の弁護士集団のメンバーと一緒に,

アメリカのナショナル・ロイヤーズ・ギルドの弁護士と交流し,

国際的な活動をしてきました。

 

 

この「試練に立つ権利」という本の中に,

次のような一節があります。

 

 

弁護士として悔いの残らない人生をおくりたいのであれば,

その時代の苦悩の中に自分の身を置きなさない

 

 

 

その時代の苦悩とは,社会的な問題や矛盾のことであり,

弁護士は,時代の苦悩に背を向けてはならず,

解決のために尽力するべきということなのだと思います。

 

 

私は,金沢大学のロースクールの法曹倫理という授業で,

菅野弁護士から講義を受けていたとき,菅野弁護士が,

学生に対して,この名言を紹介しました。

 

 

私は,この名言を聞いて,菅野弁護士のもとで働きたいと思い,

菅野弁護士がいる金沢合同法律事務所へ入所しました。

 

 

自分がどのような弁護士になろうかと考えていた時に,

進むべき道筋を照らしてくれた言葉を思い出して,

初心に戻ることができました。

 

 

菅野弁護士は,最後に,新人の後輩弁護士たちに

以下の4つのアドバイスをしました。

 

 

①初めて経験することにたじろいではいけない。実践に勝るものはない。

 

 

 ②万物は生成発展し流転する。道理に適っていればとおることがある。

 

 

 ③己を信じる。信じた道を貫く。動じてはいけない。

 

 

 ④人生至るところ青山あり。活躍できる場所はどこにでもある。

 

 

 

新人向けの講演でしたが,弁護士9年目の自分にとって,

初心に戻ることができた貴重な講演でした。

 

 

弁護士として大切なことを再確認できましたので,

今後とも,仕事に精進していきます。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

電話番号076-221-4111
お問合せはこちら
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です