プログラマーに専門業務型裁量労働制が適用されるのか?

昨日,建築士の資格を持たずに,

建築士の仕事の補助をしている労働者には,

専門業務型裁量労働制が適用されないことの解説をしました。

 

 

本日は,プログラマーに専門業務型裁量労働制が

適用されるのかが争われたエーディーディー事件を紹介します

(京都地裁平成23年10月31日判決・労働判例1041号49頁)。

 

 

この事件は,2019年6月4日のブログで紹介した,

会社の労働者に対する損害賠償請求が否定された事件と同じです。

 

 

https://www.kanazawagoudoulaw.com/tokuda_blog/201906048131.html

 

 

専門業務型裁量労働制の対象業務は,

労働基準法38条の3第1項1号で,

「業務の性質上その遂行の方法を大幅に当該業務に従事する

労働者の裁量にゆだねる必要があるため,

当該業務の遂行の手段及び時間配分の決定等に関し

使用者が具体的な指示をすることが困難なものとして

厚生労働省令で定める業務」と規定されています。

 

 

 

 

そして,この「厚生労働省令で定める業務」が

労働基準法施行規則24条の2の2の第2項で規定されています。

 

 

労働基準法施行規則24条の2の2の第2項には,

専門業務型裁量労働制の対象業務が記載されており,

その2号において,「情報システム

(電子計算機を使用して行う情報処理を目的として

複数の要素が組み合わされた体系であって

プログラムの設計の基本となるものをいう。)

の分析又は設計の業務」が挙げられています。

 

 

ただ,この条文を読んだだけでは,

情報システムの分析又は設計の業務」とは,

具体的にどのような業務なのかがよくわかりません。

 

 

東京労働局が作成した「専門業務型裁量労働制の適正な導入のために

というパンフレットに,「情報システムの分析又は設計の業務」

の具体的な内容が記載されています。

 

 

 

 

まず,「情報システム」とは,

「情報の整理,加工,蓄積,検索等の処理を目的として,

コンピュータのハードウェア,ソフトウェア,

通信ネットワーク,データを処理するプログラム等が

構成要素として組み合わされた体系をいうものであること」,

と記載されています。

 

 

次に,「情報処理システムの分析又は設計の業務」は,

「①ニーズの把握,ユーザーの業務分析等に基づいた

最適な業務処理方法の決定及びその方法に適合する機種の選定,

②入出力設計,処理手順の設計等アプリケーション・システムの設計,

機械構成の細部の決定,ソフトウェアの決定等,

③システム稼働後のシステムの評価,問題点の発見,

その解決のための改善等の業務をいうものであること」,

と記載されています。

 

 

そして,「プログラムの設計又は作成を行うプログラマーは

含まれないものであること」と記載されています。

 

 

正直,この定義を読んだだけでは,どのような業務が

「情報処理システムの分析又は設計の業務」

に該当するのかよくわかりませんが,単なるプログラマーには,

専門業務型裁量労働制が適用されないことだけはわかります。

 

 

 

 

さて,この事件の判決では,「情報処理システムの分析又は設計の業務」

が専門業務型裁量労働制の対象業務となっている趣旨として,

システム設計というものが,システム全体を設計する技術者にとって,

どこから手をつけ,どのように進行させるのかにつき

裁量性が認められるからであることを挙げています。

 

 

ところが,この事件の労働者は,

下請会社でシステム設計の一部を担当し,

かなりタイトな納期を設定されていたことから,

専門業務型裁量労働制が適用されるべき

業務遂行の裁量性がかなりなくなっていたとして,

この事件の労働者の業務は,

「情報処理システムの分析又は設計の業務」とはいえず,

専門業務型裁量労働制の要件を満たしていないと判断されて,

約567万円もの未払残業代の請求が認められたのです。

 

 

そもそも,プログラミングについては,

その性質上,裁量性の高い業務ではないので,

専門業務型裁量労働制の対象業務に含まれないと解されています。

 

 

このように,専門業務型裁量労働制の対象業務ではない

業務に従事しているにもかかわらず,

違法に専門業務型裁量労働制が適用されているケースがありますので,

専門業務型裁量労働制が適用されている場合には,

自分の業務が本当に対象業務なのかを

チェックすることが重要だと思います。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

電話番号076-221-4111
お問合せはこちら
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です