日本一の旅館加賀屋に宿泊してみました

1 憧れの加賀屋へ

 

 

先日の4連休に,石川県七尾市の和倉温泉にある旅館

加賀屋に宿泊してきましたので,レポートします。

 

 

https://www.kagaya.co.jp/

(加賀屋ホームページ)

 

 

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で,

石川県内の観光業が打撃を受けました。

 

 

石川県は,県内の観光業を支援するために,

石川県民が石川県内の宿泊施設に宿泊した場合に,

費用の半額を補助する政策を実施しました。

 

 

宿泊費の半額も補助されるのはお得だということで,これを機に,

普段なかなか宿泊できない旅館にいってみようと妻と協議して,

運良く4連休に加賀屋を予約することができました。

 

 

加賀屋は,プロが選ぶ日本の旅館で毎年1位を獲得している

全国的にも有名な旅館で,石川県民にとって憧れの旅館です。

 

 

http://www.ryoko-net.co.jp/?page_id=149

 

 

育児で疲れている妻をねぎらうために,満を持して,

子供2人と夫婦の家族4人で加賀屋へいってきました。

 

 

 

2 素晴らしいおもてなしの数々

 

 

加賀屋に到着すると,まず大勢の従業員の方々に

お出迎えしてもらえます。

 

 

歓迎してくれているのが伝わり,嬉しい気持ちになりました。

 

 

車を玄関前に停めると,従業員の方が荷物を旅館の中に運んでくれます。

 

 

重い荷物をもっているお客さんにとっては,嬉しいサービスです。

 

 

フロントでチェックインをした後は,ラウンジへ案内されて,

抹茶とお茶菓子をいただき,客室へ案内されるまで,すこし待ちます。

 

(加賀屋のラウンジ)

 

 

チェックインで混み合っていた時間帯だったので,

新型コロナウイルス対策で,お客さんが館内で3密にならないために,

お客さんが客室へ向かう動線を安全にする配慮なのだと思います。

 

 

ラウンジからは,穏やかな七尾湾の風景をみながらくつろげます。

 

 

その後,荷物を運んでくれる従業員の方と一緒に客室へ向かいました。

 

 

荷物を運んでくれる従業員の方が,館内の説明をしてくれました。

 

 

加賀屋には,いたるところに美術品が展示されていて,

美術品の説明を聞くたびに加賀屋の魅力を味わうことができました。

 

 

客室に着くと,従業員の方が私の子供の名前を聞いてきました。

 

 

従業員の方が私の子供の名前を覚えてくれて,

子供に対して,愛着をもって接してくれました。

 

 

子供の名前は,従業員の間で共有され,どの従業員も,

子供達に下の名前で声掛けをしてくれて,子供達も,

従業員の方々になついていました。

 

 

お客さんに対するおもてなしのスキルの高さに感動しました。

 

(わくたまくんの塗り絵を楽しむ)

 

 

さらに,子供用の浴衣,草履,塗り絵などを準備してくれたので,

子供は,浴衣に着替えてテンションがあがり,

楽しく塗り絵をしていました。

 

(浴衣に着替えた子供と客室からの眺望)

 

 

また,食事に行く前に長男が寝てしまって,

食事会場でどうやって寝させようか迷ったところ,

ベビーカーを貸してくれました。

 

 

 

おかげで,長男はベビーカーで寝たままで,

ゆっくりと夫婦で食事ができました。

 

 

食事は,あわび,のどぐろ,口子といった

石川県の食事をふんだんに使用した贅沢なものばかりで,

どの料理も素晴らしく美味しかったです。

 

 

子供用にホールケーキのサービスをオプションで付けたところ,

辻口博啓氏が経営するルミュゼドゥアッシュのケーキがでてきました。

 

 

https://le-musee-de-h.jp/

(ルミュゼドゥアッシュのホームページ)

 

 

甘さがあっさりとしていたので,ぺろりと食べれてしまいました。

 

 

次に,温泉ですが,ぬるめに温度が設定されているため,

ゆったりと温泉に浸ることができ,子供も安心してはいれます。

 

 

温泉からも,七尾湾を眺めることができて,とてもリラックスできます。

 

 

加賀屋の寝具には,エアーウィーヴが採用されているので,

快適に睡眠をとることができました。

 

 

旅館の寝具は,自宅の馴染みのものと違って,

寝にくいこともあるのですが,やはり,

エアーウィーヴは寝やすかったですね。

 

 

朝食も美味しいものばかりでした。

 

 

 

能登ミルクの美味しい飲むヨーグルトが飲み放題だったので,

子供達は,たくさん飲んでいました。

 

 

https://notomilk.stores.jp/

(能登ミルクホームページ)

 

 

旅館を出発するときのお見送りも,

大勢の従業員の方々が心を込めて,見送ってくれたので,

最後まで心地よい気持ちのまま,加賀屋を後にしました。

 

 

大勢の従業員の方々が,真心込めておもてなしをしてくれるので,

終始心地よく,感動を与えてくれました。

 

 

1回の宿泊で加賀屋の大ファンになったので,

また泊まりに行きたいです。

 

 

一生に一度は泊まるべき旅館だと思いましたので,

ぜひ一度加賀屋に宿泊してみてください。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

労働災害特設サイト
電話番号076-221-4111
お問合せはこちら
1 返信
  1. 富田共仁子
    富田共仁子 says:

    素晴らしい休日
    お子様も奥様もさぞかし
    嬉しかった事と思いますし
    よい思いでのいっページになった事と思います。
    家族を思う心…子供を思う心…それが目に見えない所でお仕事にもいかされている事と私はとても感じました。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です