令和元年度の過労死等の労災補償状況の解説

1 令和元年度の過労死等の労災補償状況が公表されました

 

 

6月の下旬に,厚生労働省から,

働き過ぎなどが原因で,脳や心臓の疾患を発症したり,

精神障害を発症した場合の労災補償の状況が公表されました。

 

 

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11975.html

 

 

毎年公表される統計データでして,これを見ると,

脳・心臓疾患や精神障害の労災認定の件数の推移や,

どのような業種や年代で多いのかがわかる貴重な資料です。

 

 

それでは,令和元年度の統計データについて

私が気づいた点を解説します。

 

 

2 脳・心臓疾患の労災補償状況

 

 

まずは,脳・心臓疾患の労災補償状況についてです。

 

 

長時間労働や過酷な業務に従事したり,

業務上の強い過重負荷にさらされることによって,

脳や心臓にある血管へダメージが積み重なって,

脳梗塞や心筋梗塞といった脳・心臓疾患を発症することがあります。

 

 

 

仕事による過重負荷が原因で脳・心臓疾患を発症して

死亡することを過労死といいます。

 

 

そのため,脳・心臓疾患の労災補償状況から,

過労死のことが分かるのです。

 

 

脳・心臓疾患についての労災請求件数は

平成27年度から右肩上がりに増加し,

令和元年度も増加しています。

 

 

他方,労災認定件数は,徐々に減少傾向にあります。

 

 

請求件数は増えているのに,認定件数が減っており,

認定率は31.6%なので,労災と認定されるのは狭き門といえそうです。

 

 

脳・心臓疾患の労災請求の多い業種は,

道路貨物運送業,その他の事業サービス業,総合工事業,

社会保険・社会福祉・介護事業,飲食店がトップ5となっています。

 

 

道路貨物運送業については,長距離トラック運転手の拘束時間が長く,

不規則な勤務で,長時間運転することのストレスなどの影響で,

脳・心臓疾患が発症しやすいのかもしれません。

 

 

脳・心臓疾患の労災請求を年齢別にみると,

30歳代以下は少ないのですが,40歳代以降で多くなります。

 

 

40歳を超えると体力の衰えが顕著になるのかもしれません。

 

 

1ヶ月に概ね80時間以上の時間外労働が認められると,

脳・心臓疾患の労災認定がされやすいところ,

統計データでも80時間以上100時間未満の時間外労働の区分で

最も多く労災認定されています。

 

 

3 精神障害の労災補償状況

 

 

次に,精神障害の労災補償状況についてです。

 

 

長時間労働や厳しいノルマ,いじめやパワハラなどの

業務上の心理的負荷によって,

うつ病などの精神障害を発症することがあります。

 

 

 

業務上の心理的負荷によって,精神障害を発症して,

自殺した場合,過労自殺といいます。

 

 

精神障害の労災請求件数も,平成27年度から右肩上がりに増加し,

令和元年度には2060件と過去最大を更新しました。

 

 

長時間労働やハラスメントといった,

業務上のストレスが職場に蔓延しているということなのでしょう。

 

 

他方,労災認定件数は横ばい傾向にあり,

認定率は32.1%なので,

精神障害の労災認定も狭き門といえそうです。

 

 

精神障害の労災請求件数が多い業種は,

社会保険・社会福祉・介護事業,医療業,

道路貨物運送業,情報サービス業,飲食店がトップ5となっています。

 

 

介護や医療の分野で精神障害の労災請求件数が増加しているのは,

人手不足による長時間労働,

専門職としてのストレスの高さに原因がありそうです。

 

 

この統計は令和元年度なので,コロナ禍の影響は反映されていません。

 

 

コロナ禍によって,介護や医療の分野で働く方々は,

新型コロナウイルスの感染リスクや,

賞与の削減などの待遇悪化などで,

さらに高度なストレスにさらされていますので,

精神障害の件数が増加することが懸念されます。

 

 

精神障害の労災請求を年齢別にみると,

脳・心臓疾患とは異なり,

20歳代と30歳代などの若い世代に多いことがわかります。

 

 

会社に余裕がなく,若手の社員教育に手が回らず,

若手社員に過度なストレスがかかっているのかもしれません。

 

 

精神障害については,労災認定基準の表にある

具体的な出来事にあてはめて,その心理的負荷が強となれば,

労災と認定されます。

 

 

労災と認定された具体的な出来事で多かったのは,

嫌がらせやいじめを受けたや,

上司とのトラブルがあったという

パワーハラスメントが最も多かったです。

 

 

パワーハラスメントの被害の深刻さが浮き彫りになりました。

 

 

脳・心臓疾患も精神障害も,労災請求件数が増加していることから,

今後とも長時間労働やパワーハラスメントの対策を

強化していくことが求められます。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

労働災害特設サイト
電話番号076-221-4111
お問合せはこちら
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です