会社はなぜ労災を隠したがるのか?

会社で労災事故が発生しても,会社は,労災を隠すことがあります。会社が労災を隠したがる理由は,次のとおりです。

 

労災が発生したという報告を受けた労働基準監督署は,その労災事故がなぜ発生したのかという事故の原因や,その会社に法令違反がなかったかを調査し,必要に応じて行政指導や刑事告訴を行います。

また,労災事故が発生した会社については,労災保険料が増額される可能性があります。

さらに,労災保険が利用されないことで,労働者に後遺障害が残っても,会社の責任や補償の問題をうやむやにしてしまいやすくなります。

 

このように,労働者に労災保険を利用されると,会社に不利益が生じることがあるので,会社は,責任を逃れようとして,労災隠しをしてしまうのです。労災隠しによって,労働者や遺族は,労災保険を利用できなくなり,多大な不利益を被ることになります。

 

しかし,労災事故が発生した場合,会社は,遅滞なく労災事故を労働基準監督署に報告する義務を負っており,会社がこの報告義務を怠ると,刑事罰を科されることがあります。労災隠しは,犯罪につながる重大な法令違反ですので,労働者や遺族は,会社が労災隠しをしようとしても,毅然とした態度で,労災請求をするべきです。労災請求をすることは,労働者の当然の権利なのです。

 

電話番号076-221-4111
お問合せはこちら
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です