妻のトリセツ4~妻との会話の黄金ルール~

今回の年末年始は,仕事にいかず,自宅で過ごしています。

 

 

妻からは,1歳11ヶ月の子供と遊ぶように厳命されています。

 

 

 

 

子供と遊ぶのは楽しいのですが,自分のことが何もできません。

 

 

子供といると,本を読めませんし,パソコンもできません。

 

 

ただただ時間が過ぎていく。

 

 

自分のことがなにもできず,少し虚しくなることもあります。

 

 

普段,妻が子育てをしている苦労がよくわかりました。

 

 

さて,妻と過ごす時間が長いので,

「妻のトリセツ」に記載されていることを意識しています。

 

 

 

 

まずは,「言ってくれればやったのに」

というセリフを言わないです。

 

 

黒川先生曰く,このセリフは,妻をひどく傷つけるようです。

 

 

女性脳は,大切な対象に意識を集中し,

ちょっとの変化も見逃さず,

相手が何も言わなくても,

何を求めているのか,

どうすれば相手が嬉しいか,

その意図を察して生きています。

 

 

そのため,「言ってくれればやったのに」というセリフは,

察することを放棄した言葉であり,

「僕はあなたになんの関心もない」,

「あなたを大切に思っていない」と同義語となるのです。

 

 

私を含め,世の夫は,察することが苦手です。

 

 

とはいえ,「言ってくれればやったのに」ではなく,

「気がつかなくてごめん。僕がやるべきだったね」と言えば,

察することはできなかったけれど,

察したい気持ちはあることを妻に伝えることができて,

妻が傷つくことを回避できるのです。

 

 

次に,心の通信線を開通させるです。

 

 

 

女性は,心の通信線と事実の通信線を使って会話しますが,

男性は,事実の通信線のみで会話するので,

会話がかみあわないことがあります。

 

 

妻に関する事実を肯定するにしても,否定するにしても,

まずは妻の心を肯定することが,妻との会話の黄金ルールなのです。

 

 

女性は,共感のために会話するので,

心を否定されたら,会話が成り立たなくなります。

 

 

妻の心を肯定しておけば,事実は肯定でも否定でも問題なく,

無責任に「そうそう,そうだよな」と言っておけばいいのです。

 

 

妻の気持ちは本当にわからなくてもいいので,

「君の気持ちはわかる」という言葉を使って,

妻に共感するのです。

 

 

妻の心を肯定しておけば,いらぬ地雷をふまずに,

妻に自分の意見をとおすことが容易になるのです。

 

 

妻に対して,具体的にどのような言葉を用いればいいのかまで,

論理的に説明がされていますので,とても納得できます。

 

 

これまでは,妻に対するネガティブトリガーについて,

アウトプットしましたが,次からは,

妻に対するポジティブトリガーについて,

アウトプットしていきたいと思います。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

電話番号076-221-4111
お問合せはこちら
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です