神様とのおしゃべり

1 幸せになる考え方

 

 

立花Be塾の課題図書である,

さとうみつろう氏の「神様とのおしゃべり」という本を読みましたので,

アウトプットします。

 

 

 

率直な感想は,非常に深い本であり,

一回読んだだけでは理解できない箇所があるので,

折に触れて読み返す必要のある名著ということです。

 

 

自分の心の動きにどう処するか,潜在意識をどう活用するか,

について学んでいる私にとって,新しい視点を与えてくれました。

 

 

このような名著を課題図書として紹介してくれた,

立花岳志さんに感謝です。

 

 

この本は,不満ばかり述べている平凡的なサラリーマンの主人公が,

幸せになるために,突如現れた神様と対話しながら,

人が生きていく上で大切な考え方を掴んでいくという

物語が記載されています。

 

 

この本から,私が大きく心を動かされた考え方を3つ紹介します。

 

 

2 「ない」ではなく「ある」を探す

 

 

1つ目は,「ない」ではなく「ある」を探すという考え方です。

 

 

人間は,どうしても,不足に目がいってしまいます。

 

 

例えば,お金がない,忙しくて時間がない,

など自分の不足していることに目がいって,

テレビに映っているお金持ちの優雅な生活をみて,

嫉妬をして,自分は不幸だと思いこんでしまうことがあります。

 

 

しかし,自分の周りには,多くの「ある」で満たされています。

 

 

健康な身体がある,自分の帰りを待っている家族がいる,

仕事がある,生活できる収入がある,などなど。

 

 

自分の周りを見渡せば,既に充足されていることに気づきます。

 

 

そのことに気づけば,今ある幸せを実感できます。

 

 

 

まさに,「足るを知る」ということです。

 

 

このように,不足に目を向けるのではなく,

充足に目を向けるようになると,潜在意識も充足を信じるようになり,

自分が幸せであることに気づくことができるのです。

 

 

3 しめしめ,これはきっと,うまくいく

 

 

2つ目は,「しめしめ,これはきっと,うまくいく」という考え方です。

 

 

人間は,目の前の現実しか経験できないのに,

別の選択をしておけばよかったと

目の前の現実に不満を言うことがあります。

 

 

人間は,同時に2つのことを経験できないので,

別の選択をしたら,人生がうまくいったという保証は何一つないのに,

別の選択をすればよかったと後悔します。

 

 

結局,自分が選択した現実が,

いいのか悪いのかについて,

私達は判断できないのです。

 

 

だから,自分が何かを選択して,悪い結果になったとしても,

「しめしめ,これはきっと,うまくいく」と考えれば,

後悔しなくてすみます。

 

 

目の前の悪い出来事は,自分が計算できていない,

未来の良いことの前兆なのかもしれません。

 

 

 

自分は大いなる何かに導かれていると信じて,

目の前の出来事を悪いと判断せずに,

判断を未来に先送りすればいいのです。

 

 

4 イーンダヨ

 

 

3つ目は,「イーンダヨ」という考え方です。

 

 

潜在意識について勉強していると,

よくネガティブな考え方をしてはいけない,

ネガティブな言葉を使ってはいけないと学びます。

 

 

人間である以上,どうしてもネガティブな考え方をしたり,

ネガティブな言葉を言ってしまいます。

 

 

しかし,ネガティブなことを考えるのが悪いのではなく,

ネガティブなことを考えたことを,

悪いことだと考えることが悪いのです。

 

 

そのため,ネガティブなことを考えたとしても,その後に,

ネガティブなことを考えても,「イーンダヨ」と心のなかで唱えれば

,ネガティブなことがポジティブに変わります。

 

 

「イーンダヨ」と心のなかで唱えることで,

すべてのことを引き受ける,

心のしなやかさが養われていく実感がわきます。

 

 

以上3つの考え方を紹介しましたが,この本には,

他にも素晴らしい考え方が記載されているので,

ぜひ多くの方に読んでいただきたいと思います。

 

 

私は,この3つの考え方を,

日々の習慣にしていくために,

実践していきます。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

労働災害特設サイト
電話番号076-221-4111
お問合せはこちら
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です