夫のトリセツ2~使えない夫を気の利く夫に変える方法~

1 1月14日のブログの修正

 

 

1月14日のブログで,仕事始めの日に

妻とけんかをしたことを記載したところ,

妻から次の点について修正を求められました。

 

 

①けんかのときに,私が「子育てが苦痛だ」

と言ったことが記載されていない。

 

 

②妻が私の実家で同居していて,

嫁姑問題があるなか,妻ががんばっていること。

 

 

①については,次の日に仕事があるのに,

子供の夜泣きで睡眠が妨げられるのがしんどい

という意味でつい言ってしまいました。

 

 

 

①については,ネガティブトリガーとして,

今後ことあるごとに妻から蒸し返されると

覚悟しなければならないと考えています。

 

 

さて,本日も,黒川伊保子先生の

「夫のトリセツ」のアウトプットをします。

 

 

 

第2章のタイトルは「使えない夫を気の利く夫に変える方法

というもので,妻が夫に対して,どのようにアプローチすれば

効果的なのかについて,具体的なノウハウが記載されています。

 

 

「夫のトリセツ」という本のタイトルなのですが,実は,

妻に対する効果的なアプローチもたくさん記載されていますので,

それを紹介します。

 

 

2 会話の呼び水

 

 

まずは,「家族の会話は呼び水」です。

 

 

私の妻は,突然,とりとめのないことを聞いてきます。

 

 

私にとって興味のないニュースの内容だったり,

妻の趣味のことであったり,といったことを,

いきなり話し出します。

 

 

これに対して私は,「で?,何が言いたいの?」や

「だから?」と返答することが多く,会話が進展しません。

 

 

男性は問題解決のために会話するので,

とりとめのない会話が苦手なことが多く,

私のような反応をする夫は多いと思います。

 

 

共感を目的に会話する妻に対して,この私の対応はだめで,

夫は,心がけて,用事のない会話をすることが効果的なのです。

 

 

夫にとってどうでもいいことを妻から言われた場合,

それは,会話の呼び水なのです。

 

 

 

この会話の呼び水に,うまくのって,

同じようにとりとめのない会話をすれば,妻は,

今日あったことをあれこれ話して,

すっきりするかもしれないのです。

 

 

そうであれば,夫にとってどうでもいいことを妻から言われたら,

「きたきた,これは会話の呼び水だ」と心がけて,

どうでもいい会話にそのままのっかればいいのです。

 

 

3 妻の愚痴は子供の危機管理のため

 

 

次に,妻の愚痴は子供のための危機管理のためにされていることです。

 

 

妻は子供を危険から守るために,ネガティブな体験をしゃべり,

今後の人生で同じ目にあわないように,脳の中で情報を再構築しています。

 

 

また,女性はおしゃべりと共感で生存可能性が高まるので,

おしゃべりをするほどストレスが解消されるのです。

 

 

仕事から帰ってきて疲れている夫にとって,

子育て中の妻から愚痴を延々と聞かされるのは正直辛いのですが,

ここがふんばりどころで,

「妻は,子供のために危機回避能力を高めているのだなぁ,よしよし」

と思って,愚痴につきあえばいいのです。

 

 

妻の愚痴が,子供のための危機回避能力の向上に役立つ

と割り切れば,耐えられるような気がします。

 

 

脳のことがわかると,相手に対して寛大になれるので,

やはり,知ることは重要ですね。

 

 

長くなりましたので,続きはまた明日以降に記載します。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

労働災害特設サイト
電話番号076-221-4111
お問合せはこちら
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です