まんがでわかる妻のトリセツ2~本当にいい夫の条件とは~

1 まんがでわかる妻のトリセツを読んだきっかけ

 

 

先日,黒川伊保子先生の「まんがでわかる妻のトリセツ」について,

ブログに記載しました。

 

 

https://www.kanazawagoudoulaw.com/tokuda_blog/shohyou/202001268999.html

 

 

本日は,私が「まんがでわかる妻のトリセツ」を

読むことになったきっかけについて記載します。

 

 

 

私が「夫のトリセツ」を読み,あまりにも感動し,

この本をぜひ妻にも読んでもらいたいと考えて,

妻に対して,夫のトリセツを読んでほしいと伝えました。

 

 

すると,妻からは,「あなたは妻のトリセツを読んでも

変わっていないから,今は読む気になれない」と言われました。

 

 

・・・この妻の言葉に反論できない自分がいました。

 

 

自分では,妻のトリセツを読んで実践しているつもりてすが,

妻から見たら不十なのです。

 

 

そこで,もう一度,妻のトリセツを読んで

勉強しなおそうと思ったところ,

妻のトリセツのまんが版がでていることを知り,

買ってみたわけです。

 

 

一度読んだ本をまんが版で読むと,予備知識がある上に,

まんがによって視覚で直感的に理解できるので,

より頭にはいってきやすくなります。

 

 

まんがだと,きっと右脳が使われるので,

より記憶に残りやすいのでと思います。

 

 

2 嫁姑問題の対処法

 

 

さて,まんがでわかる妻のトリセツには,

主人公の母が突然,主人公夫婦の自宅を訪ねてきて,

主人公の妻が自宅を出ていくシーンがあります。

 

 

いわゆる嫁姑問題です。

 

 

 

まんがの中で,黒川先生は,女性脳にとって

えこひいきされることは絶対の正義であり,

妻と母の板挟みになって,

どっちつかずの対応では許されないと説いています。

 

 

決して忘れてはいけないのは妻の味方になれるのは夫だけなので,

夫は,絶対に妻の味方をしなければ,嫁姑問題はうまくいかないのです。

 

 

私の妻は,私の実家で私の両親と同居してもらっています。

 

 

そのため,嫁姑問題が頻発しており,

妻にはストレスをかけさせてしまっています。

 

 

年末に高校のバスケ部の同期会の幹事をしたとき,

日程調整のラインをしていたら,女子マネから,

奥さんは夫の実家にいるのは苦痛だから,

奥さんを実家に置いて,

夫一人だけで飲み会に来ないように日程調整をしてね,

という内容の連絡がきました。

 

 

このラインを見て,年末年始だけ夫の実家に行くのが苦痛なのに,

私の実家で同居してもらっている妻には,

相当なストレスをかけさせているので,妻の味方になって,

妻のストレスを軽減させなければならないと思いました。

 

 

妻の味方になって,妻をねぎらうことが大切ですね。

 

 

3 本当にいい夫の条件

 

 

まんがでわかる妻のトリセツの終わりに,

「本当にいい夫の条件」が記載されています。

 

 

 

黒川先生曰く,本当にいい夫とは,

正しくマニュアルを実行する完璧な夫ではなく,

むしろときにはやらかして,妻に怒られる夫なのです。

 

 

 

まんまと夫がやらかしてくれると,女性脳は,

気持ちよくストレスを放電できるからです。

 

 

そう考えると,妻から言われたことをうまくできず,

たまに妻から怒られる私は,黒川先生の言ういい夫なのだと思い,

なんだか自信が湧いてきました。

 

 

完璧である必要はなく,互いに理解して,

少しずつでもよき方向に変わっていくことが大切なのです。

 

 

ぜひ,多くの夫に読んでいただき,

夫婦関係をよくしていってもらいたいと思い,

紹介させていただきました。

 

 

私の妻が「夫のトリセツ」を読んでくれるのはいつになるのやら・・・

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

労働災害特設サイト
電話番号076-221-4111
お問合せはこちら
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です