超訳ベンジャミン・フランクリン

1 ベンジャミン・フランクリンとは

 

 

青木仁志先生の著書、「超訳ベンジャミン・フランクリン」

という本を読みました。

 

 

 

ベンジャミン・フランクリンは、

12歳で印刷工見習いとして、社会に出て、

印刷業で成功を収め、政治家となり、

アメリカ独立宣言の起草委員のひとりとして、

アメリカ建国の父と言われる偉人です。

 

 

ベンジャミン・フランクリンは、

その生涯に様々な名言を残しており、

デール・カーネギーやイーロン・マスク

といった偉大な人物に多大な影響を与えています。

 

 

この本に出会うまで、私は、ベンジャミン・フランクリンのことを、

よく知らなかったのですが、第二の天性といわれる習慣の力を活用して、

自分の弱さを克服して、成功した、

素晴らしい人物であることを知り、すっかりファンになりました。

 

 

この本は、ベンジャミン・フランクリンが残した数々の名言について、

青木先生が、その名言に残されている深い意味を、

わかりやすく解説してくれていますので、とても勉強になります。

 

 

ここからは、私の心に残った名言を3つ、紹介させていただきます。

 

 

2 学びに投資する

 

 

まず1つ目は、「知識への投資が最高の利子を生む」です。

 

 

よく、自分への投資が、最高の投資と言われます。

 

 

 

自分に知識がなければ、何も成し遂げることはできませんし、

むしろ、損失を被ることがあります。

 

 

例えば、人間関係において、相手のことを知れば、

よき関係を築けますが、知らなければ、

トラブルに巻き込まれて損をすることがあります。

 

 

人間関係をよくする知識を身につければ、

困ることは減り、楽しく生きられるのです。

 

 

「無知はコスト」

 

 

今後とも、学び続けていくことの大切さを、教えてくれた名言でした。

 

 

3 相手を許す

 

 

2つ目は、「結婚の前に目をよく開けておき、結婚後に半分目を閉じなさい」です。

 

 

私が注目したのは、後段の「半分目を閉じる」です。

 

 

この意味は、「互いに許し合え」という意味です。

 

 

夫婦関係に限らず、あらゆる人間関係において、

自分の正しさを押し付けて、相手を許すことができずに、

関係が悪化することがあります。

 

 

自分の正しさは、相手にとって正しいとは限りません。

 

 

なぜならば、人は、それぞれに異なる価値観を持っているので、

人によって正しさも異なるからです。

 

 

そのため、正しさを人に押し付けるのではなく、

相手を許すことを優先すべきと学びました。

 

 

私は、未熟なので、すぐに人を許すことができませんが、

少し冷静になれば、人を許すことができるようになってきました。

 

 

人を許せる人間になりたいものです。

 

 

4 お金で時間を買う

 

 

3つ目は、「時間の浪費は頭と財産を貧困にする」です。

 

 

 

言い換えれば、お金で時間を作り出す、ということです。

 

 

お金とは、時間を買うための道具なのです。

 

 

自分が得たお金を人に与えて、自分の余剰時間を生み出し、

人よりも多くの時間を稼ぐのです。

 

 

自分の時間を多く確保するために、お金を喜んで、人に与える。

 

 

信頼できる人にお金を与えて、自分は、自由な時間を手に入れるのです。

 

 

お金と時間の使い方を見直すきっかけを与えてくれた名言です。

 

 

多くの人に、気づきを与える名言と、

そのわかりやすい解説が記載されている名著ですので、

おすすめの一冊です。

 

 

本日もお読みいただき、ありがとうございます。

労働災害特設サイト
電話番号076-221-4111
お問合せはこちら
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です