心を変えれば、世界が変わる

1 原理原則を学ぶ

 

 

鴨頭嘉人先生の著作「心を変えれば、世界が変わる」を読みました。

 

 

 

世界を変えることを信じて、実践を続け、

圧倒的な影響力を持つ、鴨頭先生が説く、成功への道標。

 

 

この世の中の原理原則に従った生き方を、

素直に実践することの大切さを学べます。

 

 

私が、この本を読んで気づいた点を3つ、紹介させていただきます。

 

 

2 心が先で、現実が後

 

 

1点目は、「そう、思ったら、そう」というSOSの原則です。

 

 

この原則は、心に思ったことが現実化するということです。

 

 

 

私達は、成功したいと願っていますが、

心のどこかで、成功できないかもしれないと、

考えてしまいがちです。

 

 

すると、この「成功できないかもしれない」

という思いが現実化してしまうのです。

 

 

否定的な思いが、否定的な現実を、引き寄せてしまうわけです。

 

 

思考が現実化すると、分かっていても、

人間は、どうしても否定的なことを考えてしまいます。

 

 

この壁を突破するためには、自分の想いを信じて、

やってやってやり抜く以外にないのだと思います。

 

 

揺るぎない信念を練り固めるのです。

 

 

「どうせうまくいくに決まっている」と、

自分を信じて、やり抜くのが、成功の秘訣になるのです。

 

 

心が先で、現実は後ということは、日々、

忙しく生活していると忘れてしまいますので、

読書などを通じて、立ち返る必要があると実感しています。

 

 

3 先に与える

 

 

2点目は、お金を喜んで支払うです。

 

 

財布の中からお金が減っていくことに意識が向くと、

マイナスのエネルギーが取り込まれてしまい、

ますます、お金がなくなります。

 

 

 

喜んでお金を支払うと、プラスのエネルギーが取り込まれて、

お金が増えるという、よい循環が生じるのです。

 

 

お金を稼ぐためには、お金を出すことから始めるという、

鴨頭先生の考えは、まことに、理にかなっているのです。

 

 

出すから、入るのです。

 

 

お金を支払うことで、自分の手元に残るお金が、

減ることに意識を向けるのではなく、

お金を支払った先の人々の生活が向上することや、

お金を使うことで、自分が豊かになることをイメージして、

お金を喜んで支払いたいものです。

 

 

これからお金を支払う時に、心の中で、

「お金さん、ありがとうございます」とつぶやいて、

喜んで支払うように実践します。

 

 

4 相手は自分の鏡

 

 

3点目は、子供は親のありのままを映す鏡であることです。

 

 

私は、子供が言うことを聞かなと、ついつい子供を責めていました。

 

 

しかし、子供を責めても、

子供が親の意図したとおりに動くわけではなく、

むしろ、責められたことで、子供は、親に反発し、

よけいに言うことを聞かなくなります。

 

 

子供が言うことを聞かなくても、子供を責めるのではなく、

原因は親にあると自覚して、自分の言動や心持ちを改善することが重要なのです。

 

 

子供が言うことを聞かなくても、イライラせずに、

子供を信じて、待つのです。

 

 

これくらい度量を広く持てば、

親子の関係は良好になります。

 

 

これまで、自分の感情の赴くまま、

子供を責めていたことを反省しました。

 

 

子供を責める前に、自分はできているのか、

自分に改善すべき点がないかを、顧みることを習慣にします。

 

 

ついついおろそかにしがちな、心の世界の大切さを、

わかりやすく解説してくれている名著です。

 

 

成功を求める多くの人に、読んでもらいたい一冊です。

 

 

本日も、お読みいただき、ありがとうございます。

労働災害特設サイト
電話番号076-221-4111
お問合せはこちら
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です