妻からブログをやめるように言われてしまい2~モラハラ妻解決BOOK~

昨日も,妻から,ブログを毎日更新するのをやめてほしい

と言われてしまいました。

 

 

 

妻の言い分は,次のとおりです。

 

 

夫がブログを更新するせいで,

夫が妻と子供と過ごす時間を削減していると感じる。

 

 

下の子供が2歳になるまでは,

仕事で遅く帰ってきた次の日は,

ブログを更新しないでほしい。

 

 

家族よりもブログを優先しているように見える。

 

 

妻から見た真実ですので,反論できませんでした。

 

 

私としては,当然,ブログよりも家族が最も重要です。

 

 

とはいえ,弁護士としての成長のために,

アウトプットの場としてのブログを毎日更新することは

大切なことでして,今,とても悩んでいます。

 

 

 

そのような中,先日,私が私淑している

精神科医の樺沢紫苑先生のメルマガで

気になる記事を思い出しました。

 

 

高草木陽光先生の

4タイプでわかる 心が折れそうな夫のためのモラハラ妻解決BOOK

という本の紹介をしていた記事です。

 

 

 

その記事の中で,樺沢紫苑先生は,

仕事も家庭も全てうまくいっている人はほとんどおらず,

樺沢紫苑先生も,奥様との間で,いろいろあったようなこと

が記載されていました。

 

 

仕事がうまくいっていても,家庭がうまくいっていなかったり,

家庭がうまくいっていても,仕事がうまくいっていなかったりと,

全てがうまくいくほど人生はあまくないのだと理解しました。

 

 

あの樺沢紫苑先生ですら,奥様といろいろあったのだと知り,

不思議な安心感と樺沢紫苑先生に対する親近感を一気に感じました。

 

 

そのような経緯があり,この本を読んでみました。

 

 

相手に精神的な苦痛を与えることをモラルハラスメントといい,

略してモラハラと言います。

 

 

 

モラハラ妻と刺激的なタイトルがついていますが,おそらく,

人の目をひくためにこのようなタイトルがつけられたのだと思いまして,

この本の目的は,「家族というチームを最強なものにして,

みんなが幸せになることです」。

 

 

高草木先生は,「密室で起こっている夫婦の現実や,

妻の生態を知っていただき,スムーズな関係を築くことは

あなたの人生で一番基本的な部分がうまくいくということです。

とおっしゃっています。

 

 

この本では,7000件以上の夫婦問題の相談からみえてきた,

妻のタイプをGPS型,マイペース型,上司型,爆発型の4つに分けて,

それぞれのタイプに対するアプローチが記載されています。

 

 

人を4つのタイプに分類できるのかという批判はありそうですが,

読んでいると,確かにそうだなと思える分類となっています。

 

 

妻の名誉のために強調したいですが,妻はモラハラ妻ではありません

(むしろ,私が妻からモラハラ夫と言われそうです・・・)。

 

 

ただ,4つのタイプのどれかにあてはまる傾向がなくはないので,

付き合い方のポイントを学ぶことができました。

 

 

この本には,タイプ別の妻に対する,

喜ぶ言葉,地雷の言葉,謝る言葉,状況を変えるひとこと,

が記載されており,活用できます。

 

 

この本に記載されている「一生幸せでいられる夫婦のルール10選」

がなるほどと共感できますので,読者の皆様とシェアさせていただきます。

 

 

1 先に「ごめんなさい」を言いましょう。

  このまま永遠に会えなくなっても後悔しないように・・・

 

2 「些細」だと思える話題にこそ耳を傾けましょう。

 

3 「ありがとう」を毎日伝えましょう。

 

4 自分の価値観を相手に押し付けるのはやめて,

  お互いを尊重しましょう。

 

5 過去のネガティブな出来事を,この場に持ち出すのはやめましょう。

 

6 お互いの「良いところ」に目を向けるようにしましょう。

 

7 ケンカは,翌日に持ち越さないようにしましょう。

 

8 1日1回はパートナーを”ねぎらう”ことを忘れずに。

 

9 パートナーは敵ではありません。あなたの味方です。

 

10 プレゼントを贈りましょう。

 

 

普段は,弁護士として,人様の離婚の

サポートをさせていただいていますが,

いざ,自分事になると,夫婦問題は難しいものだと

痛感している今日このごろです。

 

 

まず,この10選を実践していきます。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

電話番号076-221-4111
お問合せはこちら
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です