外出ランチのすすめ

私が実戦している仕事術が,

ビジネスマンの役に立つかもしれないと思い,

紹介させていただきます。

 

 

弁護士は,クライアントと打ち合わせをし,

裁判所に提出する文書を作成し,

相手方と交渉し,

雑多な事務作業もしています。

 

 

また,事務所の経営のための仕事,

所属している弁護士会の仕事,

弁護団の仕事など,

さまざまな仕事をしています。

 

 

さらに,飲み会やイベントも多いです。

 

 

一方で,私には,1歳4ヶ月の長女がいますので,

子育てや家事もしなければなりません。

 

 

そのため,私は,いかにして短い時間で仕事の成果をあげるのか,

という労働生産性を向上させることをよく考えています。

 

 

自分の労働生産性を向上させるために,

さまざまなビジネス書を読んで,

この仕事術は役立ちそうだと思ったものを実践してきました。

 

 

私がオリジナルに考えたものは少なく,

あまり目新しいものではないかもしれませんが,

少しでも読者の方々にお役に立てれば幸いです。

 

 

まずは,昼休みの時間術について紹介させていただきます。

 

 

皆様は,昼休みをどのように過ごしていますか?

 

 

社内で愛妻弁当を食べる人,

仕事が忙しいのでコンビニ弁当を食べながら仕事をする人,

美味しいランチのお店を探しに出かける人,

などさまざまな過ごし方があります。

 

 

 

私は,時間があれば,なるべく,事務所から自転車に乗って,

美味しいランチのお店を探しにでかけています。

 

 

これには理由があります。

事務所から少し離れた飲食店へ自転車に乗って行くので,

「リズム運動」ができます。

晴れていれば,「日光を浴びる」ことができます。

そして,食事をよく噛んで食べます(「咀嚼」します)。

 

 

この「リズム運動」,

「日光を浴びる」,

「咀嚼」の3つの行動をすることで,

セロトニン」という脳内物質を活性化させることができるのです。

 

 

「セロトニン」とは,

癒やし,リラックス,平常心

などに関する脳内物質です。

 

 

セロトニンが低下すると,仕事の意欲が低下します。

 

 

朝から昼までデスクワークをしていると,

セロトニンが低下してきて,

仕事のモチベーションが低下しているのです。

 

 

そこで,外出ランチをすることで,

「リズム運動」,「日光を浴びる」,「咀嚼」ができて,

セロトニンを活性化することができます。

 

 

セロトニンを活性化させることで,

爽やかな気分になり,午後からの仕事がはかどるのです。

 

 

外出ランチで,集中力をリセットして,

午後の仕事の集中力を回復させることで,

仕事の効率をあげることができます。

 

 

この外出ランチ・リセット術は,

精神科医の樺沢紫苑先生の「神・時間術」で紹介されていたものです。

 

 

 

忙しいと,ついついコンビニ弁当を食べながら

仕事を続けてしまいますが,

「忙しいビジネスマンほど外食ランチに出かけるべきなのです」。

 

 

午後の仕事の効率をあげるためにも,外出ランチはおすすめです。

 

電話番号076-221-4111
お問合せはこちら
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です